WOS ArchiveDirector

複数のアーカイブ技術へのゲートウェイ 

複数のアーカイブ技術へのゲートウェイ|NFS/CIFS経由でアーカイブのすべてのデータにアクセス|数ペタバイトまで拡張可能|シンプルな管理でワークフローを単一プラットフォーム上に統合


現代のデータアーカイブの課題

データは信じられないほどの速度で成長し続けており、増え続けるアーカイブの管理と保護は、より高価で、かつ管理が困難になってきています。多くの場合、アーカイブ・ソリューションは、テープのような、よりコストを低く抑えられる方法には最適化されていません。低価格で効率的にアーカイブを行うことができないと、データの長期的な増加を適切に管理する能力も制限されます。さらに、アーカイブ・ソリューションに保存管理機能がない場合、多様な組織の様々なコンプライアンス要求は満たせません。理想的なソリューションは、顧客が必要とするいかなるターゲットにもアーカイブすることができ、極端なデータの増加に対応するために拡張することができ、アーカイブ・データを管理および保護するために十分に設計されている必要があります。

アーカイブに関するすべてのニーズを満たす、唯一のソリューション

ユーザーにアーカイブストレージ技術の選択肢を可能な限り提供し、ベンダーロックインを防ぐために、WOS ArchiveDirectorは、お好みのサーバー上で、ディザスタリカバリ用にテープまたはパブリッククラウドへのレプリケーション機能を持つ、WOSへのアーカイブを提供します。ArchiveDirectorはユーザーに、アーカイブ・ターゲットの様々な選択肢だけでなく、DDNをストレージ業界のリーダーたらしめている拡張性、柔軟性、および低い総所有コストを提供します。さらに、データ保持管理、データ保護戦略に関する、今日最も強力な機能も提供されます。

業界をリードする柔軟性と拡張性

ディスク、RDX、ハードディスク、オブジェクトストレージやクラウドストレージなどの任意のアーカイブストレージを使用して膨大な数のファイルを管理し、アーカイブすることができます。ソフトウェアは、独自仕様のファイルシステムや、LTFS(テープの場合)またはUDF(光学用)などの業界標準のファイルシステムをサポートしています。WOS ArchiveDirectorソフトウェアは、テープライブラリに関してはLTFSボリュームにまたがることもサポートしており、データセットを1つのメディアを超えて拡張することができます。アーカイブ技術を組み合わせることにより、顧客はすべての重要データのアーカイブ・コピーをパフォーマンス・ストレージ上に、第二のコピーをセキュアストレージ上に作成することができます。また必要に応じて、ディザスタリカバリ用コピーをオフサイトに格納することもできます。

リテンション管理

貴重なアーカイブデータを保護するために、強固なリテンション管理機能として、アーカイブ内のデータの故意または誤った削除や上書きを防止するためのポリシーを作成でき、また、レポーティングのための監査証跡のインフラストラクチャも提供されます。本ソフトウェアは、予め定められた期間中、アーカイブ内に読み取り専用の形式でファイルを安全に保持します。様々なコンプライアンス要求を満たすため、別々のデータセットのために、複数のリテンション期間を作成することができます。オプションとして、さらなるデータの安全性と整合性を提供する、データの暗号化とデジタル署名も用意されています。

WOS ArchiveDirectorによるデータ保護戦略

ArchiveDirector ソフトウェアを使用したアーカイブは、いくつかのデータ保護戦略を提供しています。 ArchiveDirectorでは、オフラインでオフサイトにあるストレージに、メディア・コピー機能が選択されたアーカイブボリュームの複製コピーを自動的に作成します。また、アクセス頻度の低い古いデータセットは、深い階層のアーカイブに格納し、オフラインにすることができます。

WOS ArchiveDirector メリット

独自仕様のファイルシステムもしくは業界標準のファイルシステムをサポート
NFS/CIFS経由でアーカイブのすべてのデータにアクセス
ワークフローを単一プラットフォーム上に統合
安全かつ長期的なデータの安全性と管理(オンライン、オフライン共に)
数ペタバイトまで拡張可能
暗号化とデジタル署名付きの強固なデータ保存・管理
ミラーリングとデータレプリケーション機能を持った、ポリシーベースの階層型ストレージとデータ移行

サーバー要件

サーバー(物理/仮想) (WINDOWS, LINUX ‒ 64ビット)

Intel Xeon E3 クアッドコア 2.3GHz (またはそれ以上)
16GB または 32GB RAM(ペタバイト以上の環境では48GB または 64GB)
冗長化電源
1Gbit または(可能な場合)10Gbit イーサネット
キャッシュインターフェースカード ‒ FC、SAS

仕様

対応プラットフォーム Windows, Unix, Linux
サポートされるプロトコル NFS, CIFS, S3, HTTP, FTP
サーバープラットフォーム 32ビット または 64ビット サーバープラットフォーム
サポートされるハードウェア テープ、光ディスク、RDX、ハードディスク、オブジェクトストレージやクラウドストレージ等、全てのアーカイブストレージプロバイダーに対応しています。
サポートされるソフトウェア DDNソフトウェアはEメール、シェアポイント、医用画像(DICOM)、ドキュメント、オーディオ、 ビデオやデータベースのアーカイブアプリケーションと透過的に統合できます。
お問い合わせ・資料請求はこちらよりお願いいたします。