AI時代に最適な高速・大容量ストレージ > メディア > 宇宙航空研究開発機構(JAXA) のHPCシステム「TOKI-SORA」が DDNのAIストレージを活用し、地球観測システムの大規模数値解析の実現に向けて本格稼働
プレスリリース
2021/04/27

宇宙航空研究開発機構(JAXA) のHPCシステム「TOKI-SORA」が DDNのAIストレージを活用し、地球観測システムの大規模数値解析の実現に向けて本格稼働

メディア

宇宙航空研究開発機構(JAXA)のHPCシステム「TOKI-SORA」が
DDNのAIストレージを活用し、地球観測システムの大規模数値解析の
実現に向けて本格稼働

~ DDNのNVMeストレージの採用により、
日本最大級の並列ファイルシステムベースでHPCシステムを加速~

 

プレスリリース
2021年4月27日
 

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ロベルト・トリンドル、以下 DDN)は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(所在地:東京都調布市、理事長:山川 宏、以下 JAXA)の2020年12月に稼働を開始した19.4ペタフロップスを実現する新スーパーコンピュータシステム「TOKI-SORA」のインフラストラクチャーコンポーネントとして、DDNのモジュール型NVMeストレージシステム「DDN SFA200NVXE」および「DDN SFA7990XE」が採用されたことを発表します。

JAXAの「TOKI-SORA」は、富士通のARMベースの新アーキテクチャ「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」を基盤とし、航空宇宙分野における高度な数値シミュレーション、大規模データ解析機能、更には新しい研究開発アプリケーションを担う目的で構築されました。DDNが今回提供するストレージシステムは、富士通のLustreベースの「FUJITSU Software FEFS(Fujitsu Exabyte File System)」と組み合わせることで、SSDとHDDにより50ペタバイトを超える実効ストレージ容量を提供し、理論ピークは最大1テラバイト/秒のスループットとなり、これは前システムJSS2と比較して7.5倍以上のストレージ性能となります。

DDNは、JAXAのデータ集約型アプリケーションをはじめとする多様なI/O要件を持つアプリケーションを幅広くサポートするべく、新システムの使用可能なストレージ容量の20パーセントを革新的でバランスのとれたNVMeストレージソリューションで供給しています。DDNのNVMeソリューションは、アプリケーション全体に高度な機能を提供するだけではなく、高いデータアクセス性能により高度に安定した運用パフォーマンスを実現します。さらに、コストパフォーマンスが高く非常にシンプルでスケーラブルなDDNのNVMeストレージは、複雑になりがちな大規模ファイルシステムの運用効率も向上させます。

TOKI-SORAのストレージシステムは、350テラバイトを超えるNVMe容量を備えたDDN SFA200NVXEを39台、および4.2ペタバイトを超えるHDDベースのストレージ容量を備えたDDN SFA7990XEを14台組み合わせたものとなります。

JAXAセキュリティ・情報化推進部 スーパーコンピュータ活用課長 藤田 直行氏は次のように述べています。

「TOKI-SORAの導入により、大規模数値シミュレーションに適したシーケンシャルアクセス性能に加え、データサイエンス等の分野での高性能I/Oもカバーするスーパーコンピュータシステムが実現しました。今後、HPCからAIまで幅広い領域の研究開発ニーズを支えていきます。特に、近年のスーパーコンピュータ利用においては高性能なファイルI/Oが求められており、DDNのストレージはこの要求に応えてくれるものと期待しています。」

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン 代表取締役のロベルト・トリンドルは次のようにコメントしています。

「JAXA様のTOKI-SORAはDDNにとって非常にエキサイティングなプロジェクトであり、再び富士通様とコラボレーションできることを喜ばしく思います。JAXA様の先進的なHPCインフラを、ビッグデータ、アナリティクス、人工知能(AI)などの新たなアプリケーション分野に向けて、より魅力的で使いやすいものにしていくためにご支援できることを大変光栄に思います。最近の「はやぶさ2」の無事帰還の成功に続き、TOKI-SORAが従来の数値シミュレーション分野における航空宇宙研究の国際競争力強化に貢献できることを期待致します。」 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)について

詳細については、https://www.jaxa.jp/ をご覧ください。


株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパンについて 

データダイレクト・ネットワークス (英語表記 DataDirect Networks、以下DDN)は、インテリジェント・インフラトラクチャを実現する人工知能(AI)とデータ管理ソフトウェアおよびハードウェア・ソリューションのグローバルリーダーとして、データ集約型のグローバル企業のビジネス課題を解決します。DDNは、過去20年以上にわたり10,000社以上の企業、政府機関、公共部門の顧客に選ばれるデータ管理プロバイダーとしての地位をグローバルに確立してきました。 
TintriDDNのエンタープライズ向けストレージソリューション、IntelliFlash、Nexenta、およびVMstoreを提供する子会社です。インテリジェント・インフラストラクチャのイノベーションによって、オンプレミスおよびマルチクラウド環境のシンプルさ、効率性、俊敏性を実現し、企業顧客に高いユーザー体験を提供しています。
株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパンはDDNの日本法人・100%子会社として2008年に設立され、AI/ビッグデータの分野に最適化された製品を日本市場で展開しています。 
詳細については、https://ddn.co.jp/index.html をご覧ください。


※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。 

会社名:
株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン
所在地:
〒102-0081 東京都千代田区四番町6-2 東急番町ビル8F
TEL:03-3261-9101 FAX:03-3261-9140

©2021 All rights reserved. DataDirect Networks, Inc.、DDN Storage、DDNは、米国DataDirect Networksが所有する商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。無断複写・転載を禁じます。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン  マーケティング部 星

japan_pr@ddn.com