高速・大容量ストレージ > 業界から探す > 航空・宇宙・気象

航空・宇宙・気象

天気予報と大気モデリングを高速化します



国立天候センター、地方気象センターや大気研究機関は、常により迅速で正確な結果を提供するというプレッシャーを受けています。モデリング技術は急速に進歩していますが、結果の配信は、入力を処理し、次のステップの入力に向けてサイト間で製品を配布するといったあらゆる段階で、入力の膨大な量によって妨げられ続けています。


10年以上にわたり、DDNは、高度な天気予報と大気モデルを劇的に加速する優れたデータの取り込みと処理能力を提供することにより、世界中の天気予報組織をサポートしてきました。
地球科学に適したDDNソリューションを用い、大気シミュレーション、流体力学モデルやアンサンブルモデリングモダリティを実行している組織は、DDNの市場をリードするパフォーマンス、エンドツーエンドのデータ管理、および10年以上にわたる世界最速のビッグデータを扱うサイトのサポート経験を活用しています。


DDNテクノロジーの強みと、チームの深い専門技術を活用すれば、データ、情報、およびコンテンツを、最も効率的で信頼性が高くコスト効率の高い方法で取得、保存、処理、分析、コラボレーション、および配信することができます。 SFA14K™ハイパーコンバージドストレージプラットフォームのような革新的なテクノロジーにより、地球科学センターは洗練されたモデリングを実行しながら、ワークフローのボトルネックを大幅に削減することができます。 DDNソリューションを使用すれば、混在したI / Oワークロードをすばやく処理し、様々な非常に大きな共同研究をサポートし、世界中の研究者ネットワークと何ペタバイトものデータを共有できます。 DDNのエンドツーエンド製品の詳細をご覧ください。

 

導入事例

  • アメリカ大気研究センター(NCAR)

    DDNを用い、NCARは、気象現象を研究するだけでなく、大規模なデータシミュレーションを使用して予測を行うことができます。 NCARはSFA14Kハイパフォーマンス・ハイパーコンバージドストレージプラットフォームを使用して、パフォーマンスを改善し、気候、気象、大気関連の科学分野における科学的なブレークスルーに必要な容量を提供し、「Cheyenne」スーパーコンピュータに活用しています。

  • アメリカ海洋大気庁(NOAA)

    DDNは、NOAAが地球気象予測機能、気候モデリング、および研究を改善するのを支援しています。

  • 北ドイツスーパーコンピューティングアライアンス(HLRN)

    DDNストレージを用いたHLRNスーパーコンピュータは、HIRHAMモデルを用いた北極の気候変動の研究、FESOMとECHAMモデルを用いた大気と海洋の相互作用のモデリング、地球規模の生物地球化学海洋モデル、海洋と氷相互作用シミュレーションの最適化スキームの評価を可能にしています。

  • ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

    ヨーロッパ中期予報センターは、高度に賞賛されている天気予報モデルであるIntegrated Forecasting System(IFS)を改良するために、DDN Storageによるオークリッジ国立研究所のTitanスーパーコンピュータを使用しています。

お問い合わせ・資料請求はこちらよりお願いいたします。