高速・大容量ストレージ > メディア > ヴァン・アンデル研究所、エンドツーエンドのDDNソリューションにより、HPCパイプラインを最適化して研究と新薬治療を推進
ニュース
2017/02/09

ヴァン・アンデル研究所、エンドツーエンドのDDNソリューションにより、HPCパイプラインを最適化して研究と新薬治療を推進

メディア

DDN並列ファイルシステムとオブジェクトストレージプラットフォームにより、シミュレーション、シーケンシングと低温電子顕微鏡からのデータを集中化し、コンプライアンスを向上させ、コストも削減

2017年2月9日 ニュース(米国時間2月7日発表 ニュースリリース)

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン (所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:ロベルト・トリンドル、以下 DDN)は本日、独立系の研究機関である米国ミシガン州のヴァン・アンデル研究所がDDNのGS7K並列ファイルストレージとWOSオブジェクトストレージを導入し、断片化されたデータサイロを強力かつスケーラブルな集中型ストレージに置き換えて、機器データと研究データ用に最大2PBを提供することを発表しました。

ヴァン・アンデル研究所のリサーチコンピューティングアーキテクトのZachary Ramjan氏によれば、最先端の科学機器とリサーチコンピューティングの両方のためにプライマリデータストレージを統合することで、代替不可能なデータをより良く保護しながらインフラストラクチャのコストを大幅に削減できます。

最近、3つの強力な低温電子顕微鏡(cryo-EM)が追加されたことにより、科学者達は人間の毛の幅の1万分の1の分子構造を見ることができ、同研究所のストレージ要件を4倍にも押し上げることが予測されています。同研究所の科学者達はまた、癌、パーキンソン病および他の多くの疾患を診断および治療するための新しい方法を模索するために、データおよびストレージ集約型の先駆的な分子動力学シミュレーションおよび大規模な配列決定プロジェクトを実施しています。

ヴァン・アンデル研究所は、IBM®Spectrum Scale(TM)(旧GPFS)並列ファイルシステムが現在および将来のストレージに対する需要を満たす方法であると判断した後、スナップショット、ロールバック、レプリケーションなどのエンタープライズクラスの機能を備えたDDNのGS7K(TM)並列ファイルシステムアプライアンスを選択しました。また、グローバルなデータ共有と研究協力を強化するためのアクティブアーカイブを提供するために、DDNのWOSストレージを選択しました。

最も重要な点は、DDNがGS7KとWOS間のデータ階層を簡素化し、科学機器やその他のリサーチデータを最も効果的で費用効果の高い方法で取り込み、分析、共有できる単一のストレージシステムを提供していることです。さらに、DDNのOpenStack®ドライバーは、同研究所のハイブリッドオンプレミスおよびクラウドコンピューティング環境とのストレージ統合を大幅に合理化しました。

DDNのスケーラブルなストレージソリューションにより、ヴァン・アンデル研究所はcryo-EM技術を使用して1日に最大13TBを生成し、計算やゲノムシーケンシングの負荷の急上昇に容易に対応しながら単一粒子分析と断層撮影を変換する準備が整いました。結果として、同研究所は、多様な研究要求とスケジュールの厳しいプロジェクトを持つ科学者達の絶えず拡大する組織をより良くサポートすることができます。

 

関係者の声

ヴァン・アンデル研究所 リサーチコンピューティングアーキテクト Zachary Ramjan氏

「DDNのエンドツーエンドのストレージソリューションを導入することで、データ保護基準を向上させ、コンプライアンスを強化し、拡張性の高い単一のストレージプラットフォームで科学の限界を広げることができました。また、データ集約型の研究と、大量のデータを費やす科学機器のデータをDDN製品上で集中管理することで、数十万ドルも節約できました。これらのメリットを見れば、なぜDDNが当社の運営の核であり、科学者達にとって大きな資産であるのかを知ることは容易です。」

 

ヴァン・アンデル研究所 cryo-EMコアマネージャー Gongpu Zhao博士

「非常に大きなデータセットは、科学者が全く心配する必要なく、自動的にDDNストレージに転送されます。データを1か所に保存できて、誰もが同時にアクセスできることは素晴らしいことです。これにより、研究者達は主要な科学的発見のペースを加速しながら、さらに画期的な研究を行うことができます。」

関連資料
ヴァン・アンデル研究所 導入事例
DDN GS7K
DDN WOS
DDN エンドツーエンド/ビッグデータ プラットフォーム 
DDNのお客様について


DataDirect Networks(DDN)は、大規模でスケーラブルなストレージ市場のリーダーとしてコンテンツ・リッチで高成長する IT 環境において、最高レベルのシステム拡張性、効率性とシンプルさを実現する、データ・ストレージ、プロセッシング・ソリューションとサービスを提供しています。株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパンは DDN の日本法人・100%子会社です。

会社名:
株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン
所在地:
〒102-0081 東京都千代田区四番町6-2 東急番町ビル8F TEL:03-3261-9101 FAX:03-3261-9140
©2017 All rights reserved. DataDirect Networks, Inc.、DDN Storage、DDN は DataDirect Networks が所有する商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。無断複写·転載を禁じます。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン 担当:青山

TEL:03-3261-9101 FAX:03-3261-9140