高速・大容量ストレージ > メディア > DDNとNVIDIAの統合ソリューションがAIの活用を促進
プレスリリース
2018/10/11

DDNとNVIDIAの統合ソリューションがAIの活用を促進

メディア

大規模、超高速かつ事前設定済みの統合ソリューションがAIデータセンタを簡素化

プレスリリース
2018年10月11日
株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン


株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ロベルト・トリンドル)は、データダイレクト・ネットワークス(以下 DDN)がNVIDIAとチームを組み、AI/ディープラーニング・ワークロード向けに、データセンタに変革をもたらす、完全に統合され最適化されたストレージとコンピューティングの統合ソリューションを提供することを発表しました。NVIDIA® DGX-1™ AIスーパーコンピュータとDDN A3I™ プラットフォームは、ストレージとコンピューティングの両面におけるAIの専門的知見を活かし、大規模で高性能な検証済みかつ事前設定済みの統合ソリューションを提供します。これによって、あらゆる企業がAI/ディープラーニングのデータに基づいた洞察をより簡単に、そしてより早く得ることができるようになります。

DDN A3Iプラットフォームは、NVIDIA DGX-1ともに、業界最高のスループット、最小のレイテンシ、アプリケーションへのデータ配信における最大同時実行性を備えた真のエンドツーエンドの並列アーキテクチャを実現するターンキーソリューションを提供します。この導入・管理・拡張が容易な統合ソリューションは、世界でもトップクラスのAIについての深い知見によって、ワークフローをすばやく実行可能にし、GPUリソースを最大限活用できます。

このソリューションの利点は次の通りです。

・大規模環境における高性能AI:DDNソリューションは大規模なスケーラビリティを持っており、システムは1つのネームスペースに200PB以上の容量、1.4TB/s以上のパフォーマンスを提供します。DDN高性能並列アーキテクチャは、複数のDGX-1システム上で同時に実行される分散アプリケーションの場合でも、アプリケーションにデータを提供し、GPUリソースのフル活用を保証します。DDNのインテリジェントなDGX-1コンテナ用クライアントは、コンテナ化されたアプリケーションにNVMeのパフォーマンスを活用するために、複数の高速データパスも使用します。

・AIに関する深い専門知識とサポート:データ集約型の環境をサポートして20年以上の経験を持つDDNとNVIDIAは、AI/ディープラーニング・プロジェクトの立ち上げ、ソリューションのアーキテクチャ、システムの実装、顧客サポート、将来の拡張などを含むあらゆる段階を最適化して顧客をサポートする世界的なエンジニアチームを有しています。

・容易に導入・管理できるAIソリューション:DDN A3Iソリューションは、AI/ディープラーニングのワークロード向けに完全に統合化および最適化され、容易かつ継続的な運用を可能にします。NVIDIAとDDNのAI/ディープラーニングの専門知識を組み合わせた、導入、管理、拡張が容易なターンキーシステムによりユーザの生産性を高め、安心してお使い頂くことができます。

<DDN 共同創業者兼社長 Paul Blochのコメント

「AI/ディープラーニング・アプリケーションは、コンピューティング史上最も困難なワークロードを作り出しており、従来の計算、ストレージ、ネットワークリソースを圧迫しています。NVIDIA DGX-1とDDN A3Iの組み合わせは、クラスタの成長に合わせて無制限の3次元スケーリングとパフォーマンスの向上を実現し、エンドツーエンドのAI/ディープラーニングのワークフローを加速します。DGX-1とDDN A3I統合ソリューションは、より高速なイテレーションを可能にしており、さらにはビジネス革新を加速させます。」

<NVIDIA VP and GM of Deep Learning Systems Jim McHugh氏のコメント

「NVIDIA DGX-1はエンタープライズ向けのフルスタックのAIソリューションであり、ディープラーニングのユニークなデマンド向けに作られています。DDNとNVIDIA DGX-1は、幅広い環境に簡単に導入できる完全に統合されたハードウェアおよびソフトウェアソリューションを提供し、AI/ディープラーニング・アプリケーションの即時利用と高速化を可能にし、システム設計、統合、トラブルシューティング時のタイムロスを削減します。」

<東北大学大学院・情報科学研究科(東北メディカル・メガバンク機構) 生命情報システム科学分野 教授 木下 賢吾氏のコメント

「東日本大震災の復興を促進する高度な医療研究基盤を構築するという私たちの使命には、AI/ディープラーニング・ワークロードを管理するための技術革新が不可欠です。被災地の人々の健康と健やかな暮らしの回復に努める中で、AI技術の進歩により、データ集約型のAIアプリケーションのワークロードを加速し、数多くの多面的なイニシアチブを推進することで、東北の医療の復興のみならず、最高レベルの医学研究者を引き付け、産学連携を促進することができます。」

<Evaluator Group Senior analyst and practice lead Frederic Van Haren氏のコメント

「AI/ディープラーニングの技術は、近年のエンタープライズ・インフラストラクチャに不可欠な要素となっています。これらのインフラストラクチャの高性能と大規模な要件をサポートするストレージとコンピューティングソリューションにより、組織はAIやディープラーニング・プロジェクトから実際のビジネスへの影響を迅速かつ効率的に達成することができます。」

<Hyperion Research Senior research vice president Steve Conway氏のコメント

「AIやその他の高性能なデータ分析ワークロードに対する強いトレンドにより、シンプルにスケールでき、非常に高いデータ転送レートを持つストレージシステムや計算システムの必要性が高まっています。NVIDIA DGX-1とDDN A3Iは、AIやディープラーニング環境において、データサイエンティストの厳しいワークロード要件を満たすための素晴らしい取り組みです。」


【関連資料】

DDN A3Iソリューションについて
NVIDIA DGX-1サーバについて


DataDirect Networksについて

DataDirect Networks(DDN)は、大規模でスケーラブルなストレージ市場のリーダーとしてコンテンツ・リッチで高成長する IT 環境において、最高レベルのシステム拡張性、効率性とシンプルさを実現する、データストレージ、プロセッシング・ソリューションとサービスを提供しています。株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパンは DDN の日本法人・100%子会社です。

会社名:
株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン
所在地:
〒102-0081 東京都千代田区四番町6-2 東急番町ビル8F TEL:03-3261-9101 FAX:03-3261-9140

©2018 All rights reserved. DataDirect Networks, Inc.、DDN Storage、DDNは、米国DataDirect Networksが所有する商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。無断複写・転載を禁じます。

※本ニュースリリースは2018年10月4日(現地時間)に米国で発表されたプレスリリースをもとに、日本国内向けに抄訳・再編集したものです。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン 担当:青山

TEL:03-3261-9101 FAX:03-3261-9140