高速・大容量ストレージ > メディア > HLRSの新しいフラッグシップスーパーコンピュータシステム「Hawk」科学とイノベーションに求められる比類なき性能、容量、密度を実現
ニュース
2020/03/09

HLRSの新しいフラッグシップスーパーコンピュータシステム「Hawk」科学とイノベーションに求められる比類なき性能、容量、密度を実現

メディア

この記事は、DDN.comに掲載の "NEW HLRS FLAGSHIP SUPERCOMPUTER SYSTEM "HAWK" TO DELIVER UNPARALLELED PERFORMANCE, CAPACITY AND DENSITY FOR SCIENCE AND INNOVATION" の日本語版です。


HLRSの新しいフラッグシップスーパーコンピュータシステム「Hawk」
科学とイノベーションに求められる比類なき性能、容量、密度を実現
 

2020年3月9日

シュツットガルトハイパフォーマンス計算センター(HLRS)は
DDN EXAScalerとIMEを採用、科学研究や産業研究が加速


人工知能(AI)およびマルチクラウドデータ管理分野での世界的なリーディングカンパニーであるDDN®は、シュツットガルトハイパフォーマンス計算センター(HLRS)が、ビッグデータ解析、ディープラーニング、およびシミュレーションを組み合わせたデータインテンシブなワークフローをサポートするため、新しいフラッグシップスーパーコンピュータシステムである「Hawk」にDDNのEXAScaler®とIME®スケールアウトフラッシュストレージシステムを採用したことを発表しました。これにより、科学者や技術者は、より大規模で複雑な現象を研究できるようになります。

「Hawkの運用開始によって、HLRSの優れたインフラストラクチャがさらに拡張され、これまで着手できていなかった研究分野に新たな時代の幕開けが訪れます」HLRS所長のマイケル・レッシュ氏はこのように述べています。「計算科学と計算工学の力を駆使することで、Hawkは複雑な地殻変動の相互作用から気象パターンに至るまで、最先端の学術研究や産業研究をすべて可能にします。DDNを含むテクノロジーパートナーとの協力がなければ、これほどのシステムは実現できなかったでしょう」

HLRSの以前のフラッグシップコンピューティングシステムと比べてピークパフォーマンスが3.5倍高速(約26ペタフロップス)となるHawkは、世界最速のスーパーコンピュータのトップ10に入り、欧州最速の汎用システムになると期待されています。2月19日、Hawkの落成式がシュツットガルトで開催され、システムの今後の挑戦を祝いました。風力タービンのエネルギー効率の最適化、モーターや発電所の最適化、航空機工学や自動車工学における空力性能の向上などで、新たな知識の実現が期待されています。また、DDNのEXAScalerとIMEによるソリューションを活用することで、I/Oのスケールやボトルネックの課題、パンデミックの研究に関連する、より包括的でデータインテンシブなシミュレーション、移民の流れの予測といったグローバルな課題も、Hawkで可能になります。

「DDNは20年以上にわたって、大規模データの有効化と、EXAScalerによるIMEなどのソリューションの提供に注力しており、I/Oのボトルネックに起因する課題や非効率性を解消できるよう、データインテンシブな組織や研究施設を支援し続けています」 DDNのグローバルセールス責任者であるロベルト・トリンドルはこう語っています。「HLRSとの協力を通じて、新たな発見の創出や科学的知識の進歩に役立つ計算機能とストレージ機能を提供できることをDDNとして誇りに思います。今後、科学者や技術者は、これまで到達できなかった、または想像もできなかったような壮大な課題に取り組み、私たちが暮らしている世界について理解が深められることになるでしょう」

[構成の詳細]

25PB構成:
2x ES18K EXAScalerアプライアンス(32x 9012エンクロージャ、2400x 14TBドライブ搭載)
1x SFA200NV(11x 1.92TB搭載)
21x IME140Xアプライアンス(それぞれ9x 4TB NVMEドライブ搭載)

シュツットガルトハイパフォーマンス計算センター(HLRS)について

シュツットガルトハイパフォーマンス計算センターは、1959年から続けられているシュツットガルト大学でのスーパーコンピューティング研究の伝統を土台として、1996年にドイツ初の国立ハイパフォーマンス計算センターとして設立されました。HLRSは、ドイツにある3つの国立スーパーコンピューティングセンターの連合であるスーパーコンピューティングガウスセンターの創設メンバーであり、シュツットガルト大学所属の研究機関として、学術ユーザーや産業界に最先端のHPCサービスを提供しています。HLRSでは、ヨーロッパで最も高性能なスーパーコンピュータの1つを運用しており、HPCのプログラミングとシミュレーションの高度なトレーニングを提供し、将来のスーパーコンピューティングが直面する主要な問題に取り組むための研究を行っています。HLRSの専門分野には、並列プログラミング、HPCの数値手法、ビジュアル化、グリッドおよびクラウドコンピューティングの概念、データアナリティクス、人工知能などがあります。HLRSコンピューティングシステムのユーザーは、特に計算工学や応用科学を中心に幅広い分野で活躍しています。