高速・大容量ストレージ > メディア > DDN、マシンラーニングとデータ解析を支援するビッグデータストレージをテネシー大学 SimCenter に提供
ニュース
2017/11/16

DDN、マシンラーニングとデータ解析を支援するビッグデータストレージをテネシー大学 SimCenter に提供

メディア

DDN と Dell EMC が連携し、テネシー大学の以前のソリューションの 8 倍以上の密度 を持つ 1.1PB の GS14KX 並列ファイルシステムを提供

2017年11月16日 ニュース(米国時間11月15日発表 ニュースリリース)

データダイレクト・ネットワークス(DDN)は本日、テネシー大学 チャタヌーガ校(UTC)が、老朽化したビッグデータストレージシステムの代わりに多様なデータ集約型研究プロジェクトをサポートするため、1.1PB のストレージを搭載した DDN のGS14KX 並列ファイルシステムアプライアンスを選択したことを発表しました。UTC にある Center of Excellence in Applied Computational Science and Engineering (SimCenter)では、計算流体力学(CFD)、マシンラーニング、データ解析、スマートシティ、分子生物学を対象にした拡大する研究プログラムを支援するため、容易に拡張可能なビッグデータストレージソリューションを必要としていました。DDN GS14KX は、HPC 環境の包括的なニーズに対処し、膨大なデータ量の増加に対応する目的のために構築されており、そのため SimCenter などの組織はHPC 環境の規模を拡張し、マシンラーニングなどの新しいデータ集約型の研究分野を活用できます。

SimCenter は、UTC での革新的な研究の拡大を支援する内向きの役割と、チャタヌーガを世界トップクラスのスマートシティにするための支援と連携を行う外向きの役割の両方を担う研究インキュベータです。UTC SimCenter の所長、Anthony Skjellum氏は次のように述べています。「スマートシティからのリアルタイムデータは膨大です。小型の Bluetooth デバイスから自動運転車まで、通りごとのあらゆるものについてのデータセットが送られてきます。DDN のスケーラビリティと統合の質の高さは、複数のスマートシティのテストベッドを新しいストレージソリューションに実装することを可能にし、マシンラーニング・アルゴリズムでほぼリアルタイムのデータを利用できるようになります。私たちは大量のデータを扱うため、容量や性能を拡張する能力は重要で、DDN はデータの増加に対応する明確な道を示してくれました。」

2002 年の発足以来、SimCenter は、モデリング、シミュレーション、ハイパフォーマンスコンピューティングのハブとして、UTC のすべての学部を支援しており、UTC の計算科学、計算工学の革新的な博士課程の設立を支援する研究インキュベータです。一般的に非常に大きなデータセットを取り扱う、極超音速流などの CFD プロジェクトに注力してきた SimCenterは、エネルギーと環境、製造、都市システムとスマートシティ、医療と生態系の研究もサポートしています。

今後は、多くのユーザーが、SimCenter の最新の Dell EMC HPC クラスタの GPU ハードウェアを利用し、研究を加速することになります。UTC のハイパフォーマンスコンピューティングスペシャリスト、Ethan Hereth氏は次のように述べています。「DDN の強力なビッグデータストレージプラットフォームは、現在の研究プログラムの多様でダイナミックなニーズを容易に満たし、研究能力を高めようと思ったときに性能や容量の拡張を可能としてくれます。DDN のソリューションを既存の Dell EMC HPC インフラストラクチャに統合したことにより、以前のストレージシステムよりも大容量になっただけでなく、密度もずっと高まりました。同じ容量に以前のわずか 4 分の 1 のラックスペースしか使用せず、新しいハードドライブを追加するだけで、簡単に倍増できます。」

SimCenter は、拡大する研究対象をサポートし、研究者がより迅速にデータにアクセスできるようにし、より大きな I/O 帯域幅が求められるアプリケーションのニーズに対応し、スマートシティに関する共同プロジェクトを支援するため、将来も使うことができる、最新式のストレージにする必要がありました。DDNの高スケーラブルストレージソリューションの導入により、 SimCenter は、データ集約型アプリケーションおよび研究の拡大するニーズを完全に満たし、高い性能を提供できるようになります。ソリューションには、これまでの 8 倍の密度に加え、自己暗号化ハードドライブ(SED)が搭載され、UTC は暗号化が求められる研究助成金、イニシアティブ、プロジェクトにもアクセスできるようになります。

Skjellum氏はさらに次のように述べています。「DDN には実績があり、高い評価を得ています。DDN は課題に対応し、私たちが求めるすべてを実現するすばらしいソリューションを提供してくれました。私たちは容易に拡張でき、シームレスに既存の環境に統合するソリューションを求めていました。Dell EMC と DDN の連携により、インフラストラクチャに適合し、大きな価値をもたらすエンドツーエンドの HPC ストレージソリューションが実現されました。」

 

関連資料
DDN GRIDScaler について