高速・大容量ストレージ > メディア > オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [拡張性](2/11)
技術資料
2017/02/28

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [拡張性](2/11)

メディア

オブジェクトストレージ技術を検討し、適切な技術の選択のために知っておくべきポイントを紹介します。この記事は、Architecting IT社のChris M Evans氏が独自に作成した記事を、データダイレクト・ネットワークスがPDFとして提供したものの日本語訳の一部です。原文タイトルにある「オブジェクト・ストア」には日本での一般的な表現として「オブジェクトストレージ」を当てています。

機能1:拡張性 ー 大規模システムと小規模システム

すでに述べたように、オブジェクトストレージは、スケールアウトNASのような従来型のデータストレージより高い拡張性を実現できるように設計されています。ベンダーが提供するソリューションの能力は数ペタバイトの領域に達しており、数十億個のオブジェクトを保存できるものもあります。しかし、高いスケーラビリティを実現するにあたっては、単純にオブジェクト数やデータ容量を増やせばいいというものではありません。以下のような点を考える必要があります。

  • オブジェクトのサイズ

そのオブジェクトストレージが、大小さまざまなオブジェクトをいかに効率よく扱うことができるか? 小さいオブジェクトをどのように扱うか?

  • 容量の制限

容量に現実的な制限はあるか? 容量を増やすために、ハードウェア・ノードやソフトウェア・ノードを追加する必要があるか? ストレージを単純に拡張することができるか?

  • 階層化とキャッシング

そのオブジェクトストレージは、データの階層化をどうやって管理するか? 容量が増大するにつれて大容量のデータがあまり使われないようになり、より安価なメディアにアーカイブしなければならなくなることが当然予想されます。この時点で、階層化が重要な機能となります。フラッシュ・メディアをキャッシング層または階層化(ティアリング)層として使用すれば、性能を向上させることも可能です。

  • メタデータの管理

オブジェクトストレージの拡張に合わせて、メタデータをいかに効果的に管理できるか? オブジェクトストレージのサイズは検索性能に影響するか?

  • オブジェクト・アクセス

オブジェクトストレージが拡張していくにつれて、個々のオブジェクトのアクセス時間は増加するか?(できればまったく増加しない方が良い)

 

コンテンツデリバリネットワーク(CDN)のバックエンドとして機能するシステムのように、多数のオブジェクト保存/読み出し要求への並列アクセスを提供するオブジェクトストレージを構築する上で、最後のポイントは特に重要です。1つのオブジェクトストレージ内のオブジェクト数を増やした場合でも、それによって読み出し時間が大幅に増えるようなことがあってはなりません。さらに重要なのは「最初の1バイトが到着するまでの時間」で、これは、要求を受け取ってから、オブジェクトをストリームにして要求元に送り返すまでにかかる時間を指します。

もちろん、オブジェクトストレージは小規模なものから始めるよう求められることが多く、最初から数百テラバイトあるいはペタバイトの範囲を求められることはないという点にも留意しなければなりません。小さい入門レベルの機能を使用できるようにすることは、運用上の影響を最小限に抑えながら小規模システムから大規模システムへのリニアな拡張を可能にするという追加要求とともに、オブジェクトストレージ採用のハードルを下げる助けとなります。


【オブジェクトストレージ選択の9つのポイント 目次】

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [はじめに](1/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [拡張性](2/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [データ保護](3/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [検索、インデックス機能、メタデータ](4/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [性能](5/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [セキュリティ](6/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [コンプライアンスと監査](7/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [導入モデル](8/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [プロトコルのサポートと業界標準](9/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [総所有コスト(TCO)](10/11)

オブジェクトストレージ選択の9つのポイント [まとめ(結論)](11/11)

Copyright © 2017 Brookend Ltd. All rights reserved.
本記事のいかなる部分も、Brookend社から書面で事前承認を得ることなく転載することを禁じます。細部は予告なく変更されることがあります。すべてのブランド名および商標はそれぞれの所有者に帰属します。

出典:"Nine Critical Features for Object Stores" by Chris M Evans 
原文はこちら